40代の日雇い生活に3日間挑戦してみた 転職期間中の暇な日に

40代の日雇い生活に3日間挑戦してみた 転職期間中の暇な日に 転職の話

仕事を辞めてから転職活動をしていると、どうしても空く日が出てきてしまう。
書類選考の結果を待っている期間や、面接後に最終結果を待つ期間などなど・・
就職がなかなか決まらないとけっこう暇な日が続いたりします。

そんな時に生活費を稼ぐ方法として日雇いのアルバイトという選択肢があります!

「明日の1日なんにも予定が入っていない・・」

「生活費が足りないから土日は毎週バイトを入れたい・・」

といった感じで、けっこう自由に日にちを選んで日雇いバイトの予定を入れることができます。
ギリギリ前日の予約で大丈夫な時もありますが、基本は早いもの順で仕事が決まっていくので
日雇いバイトの予約は早めに入れます。

では、僕が転職活動中にやった日雇いバイトの仕事を紹介します。

スポンサーリンク

日雇いバイトならフルキャスト

日雇いバイトならフルキャスト

まず、フルキャストの説明です。
フルキャストは日雇いバイトの紹介サイトで、全国区の求人が載っている日本で最大規模です。

サイトにメールアドレスで登録すると日雇いバイトの予約を入れることができます。
当然、大きな都市の方がたくさんの仕事がありますが
けっこう小さい町レベルでも仕事を見つけることがあります。

日雇いバイトで有名ですが数ヶ月とかの短期バイトの募集もあります。

フルキャストで仕事をやっていくと個人の信用が貯まり
競争率の高い仕事に応募した場合でも、より仕事に入れやすくなるというメリットがあります。

なので、バックレやキャンセル、仕事での悪評価は個人の信用が落ちるので
仕事に入りにくくなります。

フルキャストに多かったのは引越しの仕事です。
ほぼ毎日、求人が入っていました。

しかし、レビューを探してみればわかりますが引越しの日雇いバイトはかなり不人気です。
重いものを運んだりして仕事がキツイ
リーダーから罵倒されて精神的にキツイ
といった声が上がっているので
体力的にも精神的にもタフな人にしかおすすめできません。

日雇い倉庫バイトNo.1 衣料倉庫

日雇い倉庫バイトNo.1 衣料倉庫

僕が初めに行った日雇いバイトは物流倉庫での雑用の仕事です。

時給950円で6人の募集が入っていました。
1日6時間の仕事で前日に予約を入れました。

まずは始めてだったので試しにやってみようと思ったのです。

スマホで予約を入れて、数時間後に仕事が確定されました。
予約はすべてスマホで完結されます。
当日の朝に現場に着いたら、スマホで出勤の操作を行います。

倉庫会社の担当者に会って更衣室を案内されます。
朝のミーティングは日雇い6人が揃って仕事の説明を受けました。
男性(僕を含めて)3人、女性3人でした。

仕事の内容は倉庫に在庫として置いてある衣料品のタグの付け替えと、
商品をダンボールから出して、違う箱に入れ直すという内容でした。

仕事内容自体は超簡単で誰でもできる仕事。
ただ、これを何日もこなすのは短調過ぎてできません。

スポンサーリンク

これで1日6時間働いて5700円。
まあ転職活動の合間に行う仕事なら十分でしょう。
ここの給料は振込になります。

日雇い倉庫バイトNo.2 スーパー倉庫

続いて、2回目の日雇いに行ったのはスーパーへ商品を配送する運送屋の倉庫での仕事です。
これまた、転職活動で空きが出た日に入れた日雇いバイトです。

このバイトは時給1000円で8時間の仕事です。給料は振込でした。
物を運ぶ仕事だったので当日集まった日雇いバイトの3人は全員男性でした。

朝のミーティングで仕事の説明を受けて倉庫の中へ
トラックから下ろされた荷物を配達する店ごとに並べなおすという内容です。

コロの付いた台車なので重いものを持ち上げたりすることはなく
比較的に楽な仕事内容です。

適度に身体を動かして時間の経つのも早く
日雇い3人と談笑しながらの仕事だったのであっという間の1日でした。

日雇い肉体労働バイト お盆の葬儀屋


そして日雇いバイト3回目の仕事はお盆の葬儀屋でのバイトです。
お盆期間の日雇いバイトはかなり競争率が高いようで
仕事もまあまあの数があったんですが予約を入れてもなかなか確定されず
結局、お盆期間ではこの1日だけしか仕事をすることができませんでした。

おそらくこれは、僕の信用ポイントがまだ低いので
ベテラン日雇いバイトが優先的に仕事を獲得していった結果だと思います。

この葬儀屋のバイトはお盆期間中の何日か募集が掛けられていて
その全てに入っているベテランバイトもいました。

そして僕が行ったのは1日だけだったので
そのベテランバイトが先輩ズラして指図してきたので
かなりイラっとしました。

この葬儀屋での仕事内容はお盆用の花を盛り付ける?こと
あのお盆で飾られる綺麗に盛り付けられた花盛を作ります。

と言っても、僕らのやることは雑用に近い仕事で
花の茎をちぎったり、余分な葉っぱを取ったりしていました。

この葬儀屋のバイトは時給1200円で1日8時間。
ここの給料は翌月の指定日に手渡しでもらいました。

まとめ

結局、僕は日雇いバイトは3日間しかやりませんでしたが
転職活動で空いた日はもっとありました。

なのでもっと収入が必要ならば計画的に仕事を入れていっても良いなと思いました。
フルキャストは早めに予定を入れる方が有利ですから。

ただ、日雇いバイトは仕事内容も人員も、人の扱いもかなり悪い印象です。
特に日雇いバイトに集まってくる人間はかなり底辺を感じさせる人ばかりで
とても仲良くなろうとは思いませんでした。

そして、日雇いバイトに対する扱いはかなり雑で、
挨拶も会話もほとんどありませんでした。

なんか、人間扱いされていないような気がして
あまり良い気分ではありませんでした。

なので、日雇いバイトを長く続けたらダメだなと思いました。

 

▼こちらの記事もどうぞ▼

【体験談】40代で転職した7つの仕事まとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました