派遣に初めて40代で働いてみた リアルな派遣体験談

派遣社員

僕は派遣社員に初めて40代で登録して働いた経験があります。
同じように40代で派遣社員未経験からスタートしようと考えている人が不安に思うこと、疑問に思うことをまとめてみました。

何らかの理由があり、正社員ではなく、派遣社員として働こうと考えている人が増えています。
派遣社員という働き方がメジャーになったということもあります。

一昔前だったら、40代で派遣社員と言うと、白い目で見られた時期もありましたが、現在では人数も増えたこともあり特に差別されることも少なくなってきました。
現実的に言うと、45歳以上で正社員として転職するのには限界があります。
なので一定以上の年齢の人は必然的に派遣社員として働く方法しか選択肢が残されていない場合が多いんです。

そんな40代からの派遣社員のことについて考えてみます。

スポンサーリンク

40代で派遣社員はやばいのか!?

40代で派遣社員はやばいのか!?

「いい歳して40代で派遣社員なんかしてやばいんじゃない!?」

20年くらい前は派遣社員で働いていたらこのように後ろ指を刺されていたかもしれません。
その時は派遣社員というのは若い人の働き方でした。
実際に20代の派遣が多く働いていました。

そんな中に少数、40代の派遣社員がいましたが、その人達は本当にやばい人ばかりでした。
つまり、正社員で働くことが当たり前の時代だったので、そこから外れたどうしようも無い人だったんです。

まともに会話も出来ない、見た目もヤバイ、当然仕事も出来ない、と三拍子揃ったヤバさがありました。

しかし、現在では圧倒的に40代以上の派遣社員の人数の割合が増えています。
僕が働いていた工場では3割以上が40代、50代の人でした。

精密機械の製造工場だったので女性も多く働いていました。
40歳以上の派遣社員の内、6割がおばさんの派遣社員です。

20年前と違うのは、年齢が上がるほど、まともな人材が多くなるということです。
40代、50代の派遣社員はヤバい人はほとんどいなくて、若い人の方がヤバい人の割合は高いです。

男性の場合は、会社をリストラされたり、親の介護で地元に帰って来た人など、理由があって前職を退職した人が多かったです。
女性の場合は、子供がある程度大きくなったので働きに出てきた主婦の人が非常に多かったです。

このように、40代以上の派遣社員は非常にまともな人材が多い印象です。

派遣に初めて40代で働き始めることが可能か?

派遣に初めて40代で働き始めることが可能か?

派遣社員として初めて40代で働き始めることは可能なのか?
何も知らない人はこう考えるのはしょうがないと思います。

スポンサーリンク

冒頭でも言ったとおり、一昔前の感覚だと派遣社員は若い人の働き方だと考えているからです。

しかし、実際は40代から初めて派遣社員として働く人がとても多いです。

終身雇用が崩壊してリストラ等により40代の労働者が転職市場に放り出されました。
しかし、正社員としてはなかなか雇う会社が少なく、派遣社員として働くしか選択肢がありませんでした。

このような状況なので、むしろ…

『40代だからこそ派遣社員として働くしかない』

こういう考えになります。

実は僕も45歳で派遣社員として働く時に同じように「この歳でも大丈夫かな?」と不安に思っていました。

しかし…

実際は、3割以上が40代以上の年齢の派遣社員で、50代の派遣社員もけっこういました。
しかも、そのほとんどが初めて派遣社員として働く人ばかりでした。

一緒に働き出すと、年齢が近いこともあり、会話をするようになりました。
そんな会話の中で、

『何故、派遣社員として働いているのか?』

そういった質問をしてみた結果、一番多かったのが、体調を崩したので前の仕事を辞めたという理由です。
持病があったり、仕事が原因で怪我や病気になったり、メンタル系の病気になったり、と様々です。

結論を言うと、40代から派遣社員として働き始めるのは、ぜんぜん可能だということです。

40代派遣社員の老後

40代派遣社員の老後

40代から派遣社員として働き出すのはぜんぜん可能だということはわかったと思います。
しかし、正社員と違うところは定年を迎えた時に退職金をもらえないということです。

いくら派遣社員として何年も定年まで働いたとしても退職金はありません。
なので、そこは自分自身で考えておかなければいけないところです。

正直、退職金のシステムを考えると、正社員として長く努めた人しかまとまった退職金が入ってきません。
遅くても30歳までにはその会社に入って、定年まで勤め上げないと金額が大きくならないからです。

なので転職が当たり前になった今、老後に必要なお金は退職金を当てにせずに自分で貯金をしておかなければいけません。
一時期話題になった2000万円を貯金するのは現実的ではありませんが、せめて何かあった時に必要な数百万円くらいは貯金しておく事が理想です。

そして、老後になってもそのお金に手を付けずに収支がトントンでやっていけるような生活をするべきです。
定年を迎えてから老後の事を考えるより、40代の時からある程度は方向性を決めて、そちらへ向かってカジをとっていけば老後への備えとなるでしょう。

今、40代後半の僕も、老後のことはチラっと頭をよぎります。
僕が目指す方向性としては、田舎に住み、ちょっとした仕事で小銭を稼ぎつつ、半分は農業をやるという、いわゆる半農生活をしたいと思っています。

40代の今から、住む場所、生活、お金の稼ぎ方、などなどいろいろ試したり、シュミレーションしたり、楽しんで考えています。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました