【悲報】40代期間工がコロナでハズレ工程に移動させられた

期間工

40代後半で期間工として働いている僕が、コロナの影響でハズレ工程に配置転換されられました。
今までは比較的ラクな工程でのんびり期間工の仕事をしていたんですが
今回のコロナで減産、そしてたくさんの人員が配置転換で移動となりました。

そして、僕が移動させられた先は、残念ながらきつい行程で完全にハズレ工程でした。
7月より新しい仕事となり1週間経ちましたが、身体がボロボロ…。
この先が思いやられます。

スポンサーリンク

40代期間工がハズレ工程に移動を命じられる

40代期間工がハズレ工程に移動を命じられる

4月、5月、6月とコロナの影響で臨時休業があったことと、
出勤日でも仕事量が少なく半分遊んでいるような状態でした。

仕事が無い時は掃除をしたりして時間を潰していたんですが
明らかに人員が余っていました。

「ひょっとしたら来月から移動になる人が出てくるかも…」

そんな話をちょうど仲間としていました。
そして、6月中旬頃、ついに僕に白羽の矢が立ちました。
ぜんぜん嬉しくないですが…。

仕事が少なく人員が余ると、他の部署に移動させられる人が出てきます。
今まで、僕は運良くその移動人員に選ばれなかったんですが
ついに今回その人員に選ばれてしまいました。

せっかく期間工として1年以上経ち仕事も慣れてきたところだったのに
また新しい仕事を覚えないといけません。

1週間仕事をしてみてきつい工程だとわかった

1週間仕事をしてみてきつい工程だとわかった

この1週間仕事をしてみて、今回の仕事は間違いなくハズレ工程だとわかりました(笑)
とにかくハードです!
動きっぱなしで休む暇がありません。
重さはそれほどではありませんが(重くても5kgくらい)1日やっていると腕もパンパン。

部品の扱いに慣れているのにこのハードさなので、まったくの新人として配属されたら…と考えると
多分、続けることが出来なかったかもしれないと思うくらいです。

スポンサーリンク

ひたすら早歩きで機械を行ったり来たりしながら、ボタンを押したり、部品を出し入れしたり
1分くらいのサイクルで同じ作業を永遠と繰り返します。

早く作業を進めて、2秒か3秒くらいの空き時間を作るのが精一杯…。
その2,3秒の間にスポットクーラーで涼むのが唯一のご褒美。
身体のかゆいところもかけない、汗も拭くことができないんです。

さらに…

前の職場では休憩は比較的ルーズで、10分の休憩時間を少しオーバーしても何も言われません。
早めに休憩に入り、遅く出ていけば余裕で15分くらいは休憩時間を取れていました。

しかし、今回の職場ではきっかり10分の休憩時間は厳守。
10分の休憩でトイレに行ったりしていたら、椅子に座ってゆっくりできるのは5分もありません。
休んだ気がしないんです。

そしてそのまま次の仕事の時間になってしまうので
感覚的には朝から昼まで、飯の後は終業時間までぶっ通しで作業をしているような感覚です。

昼ごはんを食べた後は時間まで昼寝で爆睡してしまいます。
そして、仕事が終わり、寮に帰ってくるとスグ眠くなってしまいます。

この1週間は夕食後に部屋に戻り、パソコンを見ていた時に毎日寝落ちしてしまいました。
夜の8時か9時くらいには寝落ちしてそのまま朝まで爆睡。

昨日なんか、気づいたら部屋のフローリングで寝落ちしてました。
いつ寝落ちしたのか覚えてないくらいです。

「ハズレ工程恐るべし!」

この1週間できつい工程の大変さが身にしみました。
さすがに1ヶ月もやれば身体は慣れると思いますが、けっこう辛いです。

身体を壊さないように、なんとか頑張っていきたいと思います。

配置移動が多発するかも

配置移動が多発するかも

今回のコロナ騒動で自動車メーカーは期間工を雇い止めしない方向で調整をしているようです。
期間工が辞めていくなどで、人員が足りなくなったところに、他の部署から配置移動して来ています。
新規で採用する期間工の数を絞り、配置移動で補足するような感じですね。

まあ、僕としても雇い止めさせられるよりはマシですが…

今後もこの状況は覚悟しておいたほうが良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. タカノブ より:

     きつくてもリーダーがいい人ならいいですけどね。

タイトルとURLをコピーしました