リネン配送ドライバーの求人に応募⇒1日体験⇒合格したが入社辞退した理由

リネン配送ドライバーの求人に応募⇒1日体験 転職の話

45歳から46歳の頃に転職ループにハマってしまっていた時の出来事です。

いわゆる自社便のクリーニング配送の求人に応募しました。
自社便のドライバーは比較的良い求人であることが多いのですが
このクリーニング配送の仕事はハズレの求人でした。

結論から言うと、面接の前に1日体験入社をさせてもらい
面接にも合格したのですが、こちらからお断りしました。

トラックの横乗りで仕事を1日付いて回った時の話と
なぜ面接も合格したのに就職を辞めたのか解説したいと思います。

スポンサーリンク

リネン配送ドライバーの求人に応募

リネン配送ドライバーの求人に応募

僕が45歳で仕事を探している時に見つけたリネン配送ドライバーの求人。
月収で35万円以上、年収で400万円以上が可能と書いてありました。

自社便のドライバー職は良い仕事の場合もあるので
詳しく知りたいと思いました。

求人内容を見ると月給で22万円、月収で35万円ということは
13万円分の残業代や手当が付くということになります。
手当がそれほど付かないと考えると残業が半端なく多い?
と疑問に思いましたが
求人欄には1日体験入社可能と書かれていたので
最悪、体験入社でダメなら辞めれば良いと考え応募することに決定しました。

電話で求人に応募したいと伝えると
1日体験の日程を調整してくれて、その後に面接という流れになりました。

リネン配送の仕事内容

リネン配送の仕事内容

電話から1週間後にリネン配送の仕事を1日体験入社しました。

まず、朝の7時頃に出社すると配送用の4トントラックに乗り込んで出発。
どうやら前日に荷物は積み込んであり準備は万端のようです。

ざっとリネン配送の仕事を解説すると
1日5件から10件くらいの病院へシーツやタオルを交換に行く仕事です。
使用済みのシーツ類を回収して、クリーニング済のシーツ類と交換します。

ほとんどがコロの付いた台車で出しい入れするので
力はほとんど使いません。

使用済みのモノの中には汚物で汚れたシーツ類もあるので
臭いなどが発生する場合もあります。

スポンサーリンク

トラックの運転と病院内を動き回っている時間と半々くらいのイメージです。
病院を回るルートさえ覚えてしまえば
楽勝な仕事であることは体験してみて分かりました。

リネン配送の年収

リネン配送の年収

1日体験入社で仕事内容は理解できました。
仕事内容の他に気になる事と言えば
やはりリネン配送の仕事での年収や給料のことでしょう。

僕が1日体験入社した会社の求人欄には月収35万円、年収で400万円と書かれていましたが
その真相がわかりました!

仕事の内容や業種の割に高い年収だなと思っていたのが
やはりハンパ無い残業時間で稼いでいるようです。

というのも・・
僕が1日体験で横乗りさせてもらった正社員のドライバーさんに根掘り葉掘り聞いたところ
毎日12時間拘束、朝6時出勤の18時頃まで仕事をしているそうです。

結局、安い基本給に長時間の残業で年収400万円をキープしているようで、
「楽して稼ごう!」という雰囲気はまったく無いようです(笑)

そして、僕がこの会社の内定を辞退した1番の理由であるのが以下の内容です。

まず、社員には出勤時間を6時と伝えます。
しかし、社員は5時31分にタイムカードを押して出勤します。

つまり出勤時間の6時前の29分間はサービス労働となり給料に反映されません。
どうやらコレを皆が行っているようなのです。

残業は30分刻みでしか発生しないというのを逆手にとった
サービス残業の強要。

1日体験入社でこのエグい内容を知ってしまったので
その後受ける面接で内定をもらったにも関わらず辞退することにしました。

どうやら出勤前の29分と終業時間にも最大29分間のサービス労働をさせていたのです。

毎日3時間の残業に1時間近くのサービス労働、
そりゃイヤになりますよね?

入社前にこの悪行がわかっただけでラッキーでした。

・・ということで
このリネン配送の仕事はパスすることにしました。

まとめ

リネン配送の仕事に1日体験入社してみて
面接パスしたにも関わらず入社を辞退したことについて語ってみました。

正直、このように社員をナメた事をする会社には入ってはいけません。

ここで働く従業員も、このヒドイ事をされて怒りがあるにも関わらず
誰も声を上げずにいることで
この違反が通ってしまっています。

ダメな事はダメと皆で声を上げることが大事だと思います。

僕の場合は入社前に気付いたので入るのを辞めましたが
もし、働いている会社でこのようなことがあったら
皆で声を上げましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました