日産の期間工として面接から入社までの流れをまとめます

日産の期間工として面接から入社までの流れをまとめます 期間工

現在、日産の期間工として働いている僕が、
どういった経緯で日産を選んだのか今振り返って記事にまとめてみます。

40代以上で期間工を目指している人の参考になれば、と思います。

ちなみに40代でも後半の年齢で期間工はいままで経験がありません。
工場の勤務経験はありますが直近はトラック運転手などをしていました。

体力的には問題ないと思っていますが力はある方では無いのでそこが心配ですね。

スポンサーリンク

数十種類ある期間工会社のおすすめ職場

数十種類ある期間工会社のおすすめ職場

期間工の仕事を探している人ならわかると思うが、
非常にたくさんのメーカー、工場で募集を行っている。

アウトソーシングやマントゥーマン、
日総工産などメジャーどころの仲介業者意外にも実はたくさんの業者があり、
実際にそこを通して入社してくる人がたくさんいる。

そして、意外にも入社祝い金など条件が良い会社から入る人ばかりだと思っていたらそうでもない。
条件が悪い仲介業者から入る人もいれば、
メーカーに直接応募するというもったいない人もいるのが現状だ。

これも情報をしっているか、いないか、
の違いなのだがやはり入ってからは同じならば、
入社祝い金など仲介業者での格差は後から知ると萎える。

期間工で40代後半以上のオヤジでも働ける職場とは

期間工で40代後半以上のオヤジでも働ける職場とは
そんな数十種類はあろうかという期間工の仕事だが、
40歳以上のオヤジの選択肢としてはそれほど多くないんのが現状だ。

期間工のブログなどをくまなく見て回ると
40歳以上でも入社しやすそうなメーカーが浮き彫りになってくる。

そんな中から期間工の仕事をさがしていけば40代、
50代のおじさんでも入社できる確率は上がってくるだろう。

その期間工ブログから情報を仕入れる方法と、
もう一つ覚えておくと良い方法がある。
それがアウトソーシングなどの仲介業者に聞くという方法だ。

実は僕がその方法でこの日産を知ることができたし、実際に入社することができた。
仲介業者にもいろいろと思惑があるので一概に言うことを信じるのは考えものだが、
いろいろな選択肢を聞くのは間違いではないと思う。

僕の中ではいろいろな期間工ブログを見た結果、
ホンダ鈴鹿もしくは、ジヤトコのどちらかにしようと決めた。

しかしながら初めに受けたホンダの鈴鹿工場が受からなく、
次に受けようと考えていたジヤトコも現在募集中止ということで
仲介業者にそうだんしたところ日産の工場を紹介してもらったという流れだ。

スポンサーリンク

なので、あらかじめ自分で目星をつけておいたメーカーや工場を受けたあとに
仲介業者に相談すればよいと思います。

期間工の面接で落ちた

期間工の面接で落ちた

期間工の面接に受かった人から言わせると、
「試験なんて楽勝だよ」と言われることが多い。

しかしながら受からない場合もある。この結果の違いはなんだ?と考えると、
一言で言うと【タイミング】ということになる。

工場で人がどうしても欲しい状態と、それほど緊急で欲しくない状態、
この2つの状態を考えたとき、前者ではほほんどの人が受かり、
後者では受かる人と落ちる人がでてくる。

たったこの違いである。
受験する人の資質ということはほとんど関係が無いと
言い切れるくらいこの要因はまちがっていないだろう。

僕が落ちたホンダの鈴鹿工場がまさにそんな感じで、
後から聞いた話だとそのときはそれほど多くの人は必要なかったようだ。
実際に落ちた人もたくさんいたと聞いている。

日産の期間工に採用された理由

日産の期間工に採用された理由

実は正直、焦っていた。。
ホンダ鈴鹿が落選、ジヤトコは募集停止、
そして住む場所も無い・・

早々に期間工の試験に合格して寮に住みながら仕事をしようと考えていた僕は相当焦った。

今だから言えるがホンダやジヤトコ、
そして現在働いている日産の工場を紹介してくれたアウトソーシングで期間工の仕事を探しながら、
マントゥーマンでも入社試験を受けようと動いていた。

しかしマントゥーマンは試験を受ける前に断られた(マツダ)ので
試験自体は落ちていないがそれくらい焦っていたのだ。

ジヤトコの募集停止という話を聞いた時に40代でも働ける期間工はないのか聞いてみたんです。

そしたら僕の頭には全くなかった日産のとある工場を教えてもらい、
自分でもどんな工場なのか調べてみて納得して試験を受けさせてもらえるようになったんです。

アウトソーシングの担当者さんに聞いてみたのが結果を左右することになったと思います。

まとめ

期間工としての経験が無い40代の男性は
期間工として受け入れる工場が少ないと言われました。

結果的に自分であれこれ探すよりも
アウトソーシングさんやマントゥーマンさんなどの仲介業者さんに
直接聞いてみるのも良いと思いました。

ただし、彼らも商売なので
いろいろとバイアスがかかった回答をしてくる場合もあるので
最終的な判断は自分でする必要があります。

下手に彼らの言うことばかり聴いていると
派遣社員として働いていた・・という話も聞きますので。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました