期間工とコロナの影響をブログで解説 募集はあるの?勤務体制は?

期間工

2020年3月頃から顕著化しだした期間工とコロナの影響。
入社祝い金30万円など出して、あれほど競って募集をかけていたのに現在は激減。
期間工で働いている人の勤務体制にも影響が現れてきました。

今までの自動車メーカーの生産停止や減産のニュースを見たり
リアルに働いている期間工や派遣社員の人たちのTwitterを見て
今後の自動車メーカーの働き方にコロナがどう影響してくるかが見えてきました。

そんな期間工や派遣社員とコロナの影響をブログで解説します。

スポンサーリンク

派遣と期間工の違いが顕著化

派遣と期間工の違いが顕著化

コロナの影響が出てきて約2ヶ月経過して派遣社員と期間工の違いが顕著化し始めました。

派遣社員がコロナの影響で雇い止めとなったケースが多くなってきました。
一方、期間工の雇い止めの話はあまり聞きません。

同じ非正規社員でありながら派遣社員は派遣会社との雇用契約、
期間工はメーカーとの直接雇用となっています。

同じ工場で同じような仕事をしている場合であっても、派遣社員だけが雇い止めになっている状況のようです。

いままで、自動車メーカーで働く派遣社員と期間工は、収入面ではそれほど大きな違いはありませんでしたが
雇い止めに関しては大きな違いが出てきています。

そして、工場が操業を停止して、一時帰休となった場合でも
給料の保障額が派遣社員だと6割、期間工だと10割や9割といった違いも出てきています。

僕自身が働く日産自動車の工場でも一時帰休が行われ、保障額が平均9割くらい(期間工)になっています。

昼勤(1勤)のみ残業なしが主流になる

昼勤(1勤)のみ残業なしが主流になる

2020年4月や5月の各自動車メーカーの操業を見ていると、次々に夜間の操業停止しています。
夜間操業停止とは、つまり昼間の勤務のみということです。

期間工にとって、給料の内訳を見てみると、どのメーカーの工場でも夜勤手当と交代手当が高額となっています。
僕が毎月公開している期間工の給料明細を見てもらえればわかりますが
毎月7万円前後の夜勤手当+交代手当が支給されています。

夜間操業停止になると、この7万円がゼロになります。
期間工にとって、それくらいインパクトの大きな出来事です。

Twitter

 

そして、夜間操業停止と並行して行われ出しているのが『残業なし』です。
暇になれば当然、残業は必要ありません。
僕の働いている工場では、すでに2020年頭から残業は無くなっていました。

スポンサーリンク

おそらく、残業は毎月ある程度は発生していたと思います。
4勤2休の2交代なら毎月40時間以上やっている人もいるはずです。

このように昼勤のみ、残業なしといった対応が今、主流になりつつあります。

 

週休3日

週休3日

コロナショックが起きた当初から一部の家電メーカーで言われてきた『週休3日』。

2020年6月の生産予定でトヨタ自動車が金曜日を非稼働日とする発表を行いました。
非稼働日なので休みにはならず、掃除やメンテナンスを行うようになるのでしょうが
週休3日の先駆けになるような気がします。

もう少し長い目で見ると、正社員も非正規社員も収入は減る方向で、休み日数は増える方向になるでしょう。

ひょっとしたらコロナの影響で週休3日が早い段階でやってくるかもしれませんね。

期間工の募集

期間工の募集

最後に期間工の募集について解説します。
2カ月、3ヶ月とか短期的に見れば、期間工の雇い止めや募集停止はされるかもしれませんが
もう少し長いスパンで考えれば期間工の募集はまた再開されるでしょう。

期間工は最長で2年11ヶ月で強制的に辞めることになります。
つまり、募集をゼロで2年11ヶ月経てば期間工の人数はゼロになります。

期間工のシステム自体が無くなれば募集はされないでしょうが
絶対数は減るにしても期間工のシステムは無くならないでしょう。

なので募集人数は少なくなるかもしれませんが募集は再開されます。

契約期間が来て期間工を辞める人が100だとすると
募集は20とか30とかに抑えて、期間工の全体数が徐々に減っていきます。

これを2年11ヶ月続けると期間工の全体数が20%や30%になります。

その少ない募集に大人数が押し寄せる事になるので、入社祝い金は極端に減るでしょう。
入社祝い金50万円などの期間工バブルは完全にハジケました。

期間工の募集は再開されたら狭き門になると思います。

まとめ

期間工とコロナの影響をブログで解説しました。

各自動車メーカーが行うコロナでの生産調整を見ていると
コロナが落ち着いたとしても、コロナ前と同じような働き方や収入額に戻る事は無いでしょう。

昼勤のみ、残業なし、週休3日などライフスタイルさえも変わり、特に収入面ではほとんどの期間工の激減が予想されます。

期間工の募集は再開されるでしょうが、今までのような入社祝い金バブルは終焉を迎えますが
仕事にあぶれた人がドッと押し寄せて来て、期間工の人気はアップするでしょう。

 

▼自動車メーカーの生産停止ニュースまとめ▼

【6/22速報】新型コロナによる自動車メーカー国内工場の操業停止情報まとめ
6/19 日産自動車は国内3工場で7月も生産調整を継続すると発表。内容は以下の通り。 6/12 三菱自動車は国内生...

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました