自社便の白ナンバー運転手は40代転職者におすすめの職業の理由とは

転職の話

40代で未経験から始める転職先の仕事としてオススメなのが自社運搬の運転手だ。
僕が過去に働いた産業廃棄物の収集運搬ドライバーも広い意味では自社便ドライバーとなる。

自社便ドライバーは募集する時点で若い人より年配の人を採用する傾向にあり
実際に40代はもちろんだが、50代をあえて採用しようとする企業もある。

つまり自社便の運転手は40代、50代専門の仕事と捉えられている。

そんな40代でおすすめの自社便、白ナンバー運転手の仕事について考えてみます。

スポンサーリンク

自社便の運転手とは

自社便の運転手とは自社の荷物を運ぶトラックドライバーのこと。
運送会社の運転手とは、荷主の荷物を預かって運ぶドライバーのことを言う。

つまり荷物が自社なのか荷主のものなのかという違いだ。

よくあるのが中規模の部品工場で完成品をメーカーへ納品するとき
定期便を自社の保有するトラックを使って、自社の社員が運搬するような場合だ。

殆どの部品メーカーは自社便トラックを持っていて
協力会社やメーカーなど1日で回るルートを作っている。

もう一つ例を上げると
食品加工会社の自社便運転手の場合、
自社で加工した食品(たとえばハムとか)を専用の冷蔵車で販売店へ配送したりする。

この場合も使用する小型トラック(冷蔵車)は自社の持ち物で
運転手も自社の社員となる。

このように意外とたくさん自社便トラックというのは存在しているのがわかると思う。

白ナンバー運転手と緑ナンバー運転手の違い

白ナンバー運転手と緑ナンバー運転手の違い

自社便の白ナンバートラックは自社の持ち物を運ぶトラックで
営業ナンバーの緑ナンバーは荷主からの依頼を受けて運ぶトラックだ。

トラックを運転して荷物を運ぶという点では同じだが
自社便の白ナンバードライバーと運送会社の緑ナンバードライバーは大きく違う点がある。

それは、雇われている会社が一般の会社か運送会社なのか、という点だ。

自社便の白ナンバードライバーは一般の会社の従業員なので
給料体制も一般従業員に準じた基準となり
時間外手当も、ボーナスも一般従業員のようにもらうことができる。

スポンサーリンク

逆に、運送会社のドライバーの場合、
走った距離に応じた給料体制になっていることがほとんどだ。

忙しい時期でたくさん距離を走れば給料も多くもらえるが
閑散期などで暇なときは極端に低い給料額となる。

運送会社のボーナスは寸志程度の少額である場合がほとんどで
一般会社のような額のボーナスは期待できない。

つまり、給料体制を考えると
自社便と運送会社はまったく違うモノということになる。

そして多くの場合、自社便ドライバーの方が給料が安定していて年収も高く
運送会社のドライバーは拘束時間が長い割に給料が安い。

自社便の白ナンバートラックが40代の転職者におすすめの理由

自社便の白ナンバートラックが40代の転職者におすすめの理由

自社便ドライバーは40代転職者におすすめの仕事です。

理由は40歳以上を対象に募集している会社もあるくらいに
年配の人がやる仕事だという認知がされているからです。

ただし、食品会社など
多くのトラックを保有してたくさんの従業員がドライバーをしているような会社は
年配だからといってアドバンテージはありません。

一番のおすすめは製造工場の自社便ドライバーです。

このように自社便ドライバーは40代の転職先におすすめですが
残念ながらこの求人はそれほど多く出回っていません。

そもそもの絶対数が少ないですから募集が掛かることが少ないのです。
でも、注意深く地方の求人情報誌を眺めていると出ている場合があります。

僕の経験的にこの種の求人はハローワークよりも求人誌の方が掲載されているように感じます。

戦略として、工場の派遣などで働きつつ、常に求人誌&ハローワークをチェックしていて
自社便ドライバーの求人があった時に応募する。
そして合格したら派遣を辞めて自社便ドライバー職に移る、というのが良いかと思います。

このように転職の繋ぎ期間として派遣を上手に使うと
生活費を稼ぎつつ安心して転職活動をすることができます。

理想は、夜勤専属の派遣の仕事だと
昼間に転職活動、夜に仕事、と上手に時間を分けることができます。
僕が実際にやっていた方法です。

まとめ

運送会社にトラックドライバーとして入社するなら
自社便ドライバーとして運転手をしたほうが絶対におすすめです。

トラック好きで長時間運転していても苦じゃないっていうなら
運送会社でドライバーをするのも良いかもしれませんが

普通の生活をしながらドライバーをするのなら
自社便ドライバーの方が心身ともに負担は少ないでしょう。

40代で就職することができる数少ない職種になるので
求人が出ていたらちょっと調べてみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました