コンビニ店長へ40代で転職!雇われでもメリットあり!

コンビニ店長へ40代で転職!雇われでもメリットあり! 転職の話

40代の転職先としてコンビニ店長という選択肢もあるということを考えてみたいと思います。
僕は20代の頃にコンビニ店長の仕事をしていました。

店長と言っても名ばかりで雇用形態はバイトみたいなもので
一応、月給制になっていましたがかなり安い賃金で働いていました。

その頃はまだ世間知らずということもあり
高校時代にやっていたバイトの延長みたいな感じでやり始めました。

そんなコンビニの店長職ですが、給料の低さだけはどうしようも無いですが
実は40代の転職先として選択肢に入れても良い内容になっています。

何度も言うようですが月収だけは低い、その点だけは覚悟が必要です。
しかし、40を超えたおっさんが求められている職場というのも珍しいと思います。

20代や30代よりも40代のおっさんの方がコンビニ店長職に求められています。

スポンサーリンク

コンビニ店長(雇われ)がおすすめの理由

コンビニ店長(雇われ)がおすすめの理由

ではなぜ、コンビニの雇われ店長職が40代の転職先としておすすめなんでしょうか?

その理由の一つとして、40代の人生経験が求めらている、という点です。

 

コンビニ業務での大きなウエイトを占めるのが接客です。
しかも年齢層も幅広いので20代の若造よりも40代以上の人生経験豊富な人材の方が
なにかと安心して任せることができます。

さらに、コンビニ店長職としてパートやアルバイトの管理も重要な業務となります。
そのようなマネジメントは40代が適任であることは間違いないでしょう。

このように、普通の会社では40代の転職者なんてまったく良い顔はされないんですが
コンビニ店長職としては大歓迎されます。

この期待されている感じは働く側にとってもすごくありがたいと思えるでしょう。

おすすめの理由として二つ目は、出会いが豊富だということです。

コンビニの売上規模にもよりますが
1つのコンビニには10人から20人くらいのパート、アルバイトの従業員で成り立っています。
その内、女性の割合は7割を超えるでしょう。

若い子で高校生や大学生、そしてフリーターや社会人のアルバイトさん、
パートのおばさん達、そして常連のお客さんとも仲良くなるでしょう。
正直、女性と知り合うチャンスが山ほどあるのがコンビニです。

40代の転職先として今にも潰れそうな工場に入社なんかしてしまったら
油まみれになりながら憎たらしい上司にいじめられながら仕事をしていかなくてはいけません。

そういった事と比べれば、コンビニの仕事環境は天国と言えるでしょう。

コンビニ店長の給料は?平均年収は?

コンビニ店長の給料は?平均年収は?

40代の転職先としてコンビニ店長はいかに素晴らしいかがわかったと思います。
しかし、肝心の給料や年収はどれくらいなの?
そんな疑問が沸いてくると思います。

最初にも言いましたが、この点に関してはあまり期待をしてはいけません。

正直、給料は激安です。

コンビニの人件費というのは毎月の予算というのがだいたい決まっています。

スポンサーリンク

たとえば、人件費80万円で従業員の給料を分配するというようになっていると
それに応じて時間ごとの人数を調整します。
そして、店長職の給料はほとんどが月額の定額制です。

たとえば月給25万円固定となっていれば
たとえ長く働いたとしても増額することはありません。

具体的にコンビニ店長職の年収はすごく良い条件のコンビニでも
MAX400万円ぐらいになっています。

ほとんどが300万円前後が多いでしょう。

ボーナスは出たとしても高額ではなく寸志程度でしょう。

コンビニ店長の求人の探し方

コンビニ店長の求人の探し方

月収25万円(年収300万円)くらいならゴロゴロあります

 

コンビニ店長の求人の探し方

法人で営業しているコンビニの方が当たりが多い

 

では、コンビニ店長職の求人はどのように探したらよいでのでしょうか?

一つの方法としてハローワークです。

やはり求人の数が最も多く集まるのがハローワークです。
しかし、注意して欲しいのが
ハローワークに求人を掲載するのは無料でできるのです。

ということは「応募が来たらラッキー!」程度な考えで
かなり条件が悪い求人でも平気で掲載されているのがハローワークです。

コンビニ店長職で月給17.5万円とか、ふざけた求人も見かけたことがあります。

ハローワークのデーターベース検索で『コンビニ 店長』と検索するとけっこう店長職の求人が出てきます。
その中で条件が良いものだけ選んでください。

もう一つ、とっておきの方法を伝授します!

それは、コンビニに業者として入っているタバコの営業マンに
店長を募集しているコンビニが何処か?を聞くということです。

実は、僕の友達がこのコンビニに出入りしているタバコの営業マンで
コンビニの内情にやたら詳しいんです。

そして転職を繰り返していた僕におすすめしたのがあるコンビニの店長職です。
実際には、僕はその話を断ってしまったのですが
条件的にはぜんぜんアリだと思いました。

その条件とは年収で400万円くらい、休みもしっかり取れて、店長には車を用意するということです。
そのコンビニのオーナーは合計4店舗のコンビニを経営していて
それぞれの店舗に一人、まとめ役の店長を置いているそうです。

40代の転職者のあなたにに是非、おすすめしたいのがこういった
業績好調なコンビニを複数店舗(できれば3店舗以上)経営しているところに店長職で入ることです。

そのためにも、コンビニに行った時、タバコの営業マンがいたら
是非話しかけて「店長を募集しているコンビニはないか?」と聞いてみてください!

タバコの営業マンはコンビニ店長やオーナーと世間話をするのが仕事になります。
そういった話の流れでいろいろな情報を持っているのです。

コンビニの店長職って良いかもしれない、と思ったらタバコの営業マンに話しかけてみてください。

まとめ

今回は40代の転職先としてコンビニの店長職っていうのもアリじゃないですかって事をお話しました。
給料の安さだけはどうしようも無いですが
やり甲斐や40代が活躍できる職場としてはコンビニっていう選択肢を覚えておいてください。

特に、独身の男性や、女性のいる職場でないとイヤだ、といった方にもおすすめです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました