派遣の年収は低い 工場勤務の場合は年収250万から350万円が現実的

派遣社員

派遣の年収はどれくらい低いと思いますか?
工場勤務でフルタイムの場合は年収で250万円から350万円を目安になると思います。

実際に工場への派遣勤務を経験したことがある僕が現実と本音を語ってみたいと思います。
派遣で働きだした後に、実際に給料をもらうようになってから、思っていた額より低いという理由で辞められる人が多いので
そうならないために、派遣の給料は思ったより低いという現実的な話をしたいと思います。

スポンサーリンク

派遣の現実と本音 年収は低いよ

派遣の現実と本音 年収は低いよ

派遣でこれから働こうと考えている人に、やる気を削ぐような事を言うようになってしまいますが
現実を考えると派遣の年収はかなり低くなってしまいます。

派遣に限らず、求人票や募集要項には非常に良いことが書いてあります。
というか、良いことしか書いてありません。
うがった見方をすれば、良いことを誇大表現して、悪いことを隠しています。

例えば、残業がある時は月収30万円くらい稼げて、残業が全く無いと、月収で20万円だったとします。
そうすると、求人誌には『月収30万円稼げる!』などと、あたかも毎月30万円稼げるように表記してあることは常套手段です。
しかし、これらは嘘は書いてありません。
誇大表現かもしれませんが、嘘ではないというのが会社側の意見だと思います。

しかし、実際に働く人にとっては、月収30万円稼げると思って入社してくるわけですから
1ヶ月働き…2ヶ月働き…、だいたいどれくらいの給料が稼げるのかわかってきたところで
考えていた収入と現実のギャップに悩み、辞めていくわけです。

なので、募集要項の内容はしっかりと深読みするくらいの勢いで、冷静に分析する必要があります。

基本的に、工場勤務の派遣の場合は時給1250円前後が多いです。
つまり、日給で1万円ということです。
単純に残業が無かった場合、1日1万円が稼げます。

年間休日が120日だとすると、365日-120日=245日
つまり、日給だけ計算すると年収245万円ということになります。

ココに、深夜手当や皆勤手当などの手当類、残業などをプラスしていくとだいたいの年収が出ます。

派遣で年収250万のモデルケース

派遣で年収250万のモデルケース

派遣で年収250万円のモデルケースを、僕が以前働いていた工場の場合で紹介します。

僕が働いていた工場は電子部品の工場だったので、重いものは一切ありませんでした。
小さな電子部品の組み立てや検査の業務を行っていました。

なので、体力的にも女性でも可能でした。
その工場には昼間専門勤務というシフトがあり、時給がじゃっかん低く1100円で設定されていました。

その昼間専門シフトには多くの主婦の方が勤務されていて、朝の8時から17時までの勤務時間でした。
残業がたまにあるくらいで、手当は皆勤の月額1万円のみ。

時給1100円✕8時間✕245日=215.6万円
皆勤手当と残業手当で年額30万円くらいだとすると、おおよそ年収250万円の勤務です。

僕のいた工場では昼間専門で働いている人はだいたいコレくらいの年収でした。

たしかに、年収は低いですが社会保険もしっかり完備されているし、有給休暇も取りたい時に取れるので旅行に出かけたり
特に主婦の方は非常にイキイキと働いていました。
子供の用事があれば必ず出席することができるし、へたな中小企業で正社員として働くよりも全然コチラの方が良いと言っていました。

このように派遣社員として昼間専門で働くと年収250万円くらいになります。

派遣で年収300万のモデルケース

派遣で年収300万のモデルケース

次に派遣で年収300万円のモデルケースを紹介したいと思います。
このケースは僕が実際に働いていたところが年収300万円くらいでした。

派遣で年収300万円を稼ぐには、夜勤有りの交代勤務を行うか、残業をけっこうな時間やるか、その両方かをしないといけません。

僕の場合は夜勤専属+残業少し(月に数時間程度)の勤務でおおよそ年収300万円くらいの給料になりました。

時給1200円✕8時間(内深夜5時間)✕245日=235.2万円
深夜手当360円✕5時間✕245日=44.1万円
皆勤手当12万円+残業+αを加えるとだいたい年収300万円になります。

夜勤専属だったので常に静かな雰囲気で仕事が出来たので、静かな環境がスキな人には良いと思いました。
昼間に行動できるのでランチを食べに行ったり、空いているデパートに行ったりしていました。

スポンサーリンク

家族持ちの人にはちょっと厳しいシフトになりますが、独身で他の人とは違う時間帯で仕事がしたい人には良い環境だと思います。

▼派遣の時の僕の給料明細はコチラ▼

日総工産の給料明細を公開!40代で派遣社員として働いてた時
僕が45~46歳の時、なかなか良い会社に巡り会えずに転職を繰り返していました。 そんな悩める期間にたった半年間勤めたの...

 

派遣で年収350万円のモデルケース

派遣で年収350万円のモデルケース
つづいて工場派遣で年収350万円のモデルケースを紹介したいと思います。

僕が働いていた工場では、残業をバリバリやりたい人はけっこう自由に残って残業をやれる雰囲気でした。
厳密に言うと、残業申請してからの残業という建前にはなっていましたが
実際は、やりたい人がチンタラ仕事をやって、仕事を残して残業をするという感じでした。

僕は、サッと終わらせて、早く家に帰り自分の時間を持ちたいと考えていたので残業はしませんでしたが
やりたい人はいつまでも居残って残業をやっていました。

多い人で月30時間~40時間くらいはやっていました。
この人達のケースの場合、年収で350万円を狙えます。

時給1200円✕8時間(内深夜5時間)+残業1.5時間✕245日=235.2万円
深夜手当360円✕5時間✕245日=44.1万円
残業手当1200円✕1.25✕1.5時間✕245日=55.1万円
皆勤手当12万円をプラスすると年収で約350万円になります。

1日平均1.5時間の残業を毎日発生させることが出来れば年収で350万円となります。
実際に僕のいた職場ではこの年収350万円の人が多く存在していました。

毎日コンスタントに残業があれば、コレくらいの年収になりますが、残業があることが当たり前だと考えていると、無かった時に落ち込んでしまいます。
僕はヤリたくはないですが、この方法で年収350万円を狙えます。

派遣で年収400万円稼ぐ方法

派遣で年収400万円稼ぐ方法

派遣社員として年収400万円を稼ごうと考えた時、上記のような工場ではどう考えても不可能です。
よくある工場派遣の場合はどう逆立ちしても年収400万円を稼ぐことが不可能です。

残業をメチャクチャやって稼ぐという事も考えられますが、コロナの影響の時のように残業が無くなってしまったら成立しなくなってしまいます。
つまり、残業で稼ぐという方法自体がこれからは成立しなくなってきています。

このようなことから、派遣社員をしながら年収で400万円以上を狙うにはどうしても本業以外の収入を得るしかありません。
幸い、派遣社員の場合は正社員にくらべて拘束時間が短い傾向にあります。

つまり、副業をする時間はあるということです。
特に、昨今はインターネットが普及したので個人が稼ぐ方法は山のようにあります。
なにか一つ、副業で稼ぐ方法を身に着けたとすれば、年収を上げることが可能になります。

月4万円の副収入を得られれば年収で約50万円アップ
月8万円の副収入が得られれば年収100万円アップとなります。

単純に、年収300万円の派遣の仕事を行いながら、月8万円の副収入を得られれば、年収400万円となります。
これこそ、派遣社員の収入の上げ方だと考えます。

派遣社員なら会社的な縛りも無いので、副業の幅も広げることが可能なのでコツコツ続けていけば続けていくほど年収をアップさせていくことができるでしょう。

派遣社員として働こうと考えているのなら、その先にある副業ということも意識して派遣先選びを考えるのもアリだと思います。
特に工場派遣の場合は就業時間が読めることが多いので、副業に当てる時間も都合つけることが容易になります。

派遣で工場を選ぶなら、大手の派遣会社に登録して、大手の企業に派遣されたほうが時間的にも勤務環境的にも良い場合が多いです。
是非、あなたも大手派遣会社に登録して、自由時間を増やし、副業で収入も増やしつつ、派遣の勝ち組になってください!

工場派遣なら大手の日総工産株式会社インターワークスの2社が日本の2大巨頭になります。
派遣で工場勤務を選ぶならこの2つから探せば大手企業を中心に選ぶことが可能です。

→日総工産の工場派遣に今すぐ応募してみる

 

→株式会社インターワークスの工場派遣に今すぐ応募してみる

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました