雇い止めの現実 予告から口頭通知そして契約更新拒否までの流れ

雇い止めの現実 予告から口頭通知そして契約更新拒否までの流れ 時事ネタ

いよいよ僕の周りでも雇い止めが起きてきました。

僕は自動車メーカーの工場で期間工として働いています。
2019年の年末あたりから目に見えて生産が減ってきていました。
人員が過剰だなあ、と思いながらも雇い止めされる人が出ずに、今までやってこれていました。

しかし、いよいよ僕の周りで雇い止めの予告を口頭通知で受けた人が出てきました。

期間工や派遣社員などの非正規社員にとって契約更新時は常に雇い止めの不安が付きまといます。
契約満了時なら会社都合であろうが従業員を切ることができるので
会社にとって非正規社員はホント都合が良い人材ということになります。

今回はそんな雇い止めの現実について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

雇い止め予告の口頭通知が来た!

雇い止め予告の口頭通知が来た!

3ヶ月ごとの契約更新をしている僕が期間工として働いている自動車メーカー。

いままでの感覚だと、社内でトラブルを起こしたり、違法行為が発覚した人など
余程のことがない限り契約更新がされないことはありませんでした。

とはいえ、明らかに使えない人材は他の部署へたらい回しされるなど
自発的に辞めるように思わせるような動きはありましたが・・。

去年の末あたりから生産数が減ってきた影響で
僕のいる部署はかなり暇になってきました。

実際に僕の残業時間を見てみると、去年の年末からは
ほとんど毎月残業はゼロ、他の人も残業をする人はいません。

過剰人員になっているな、と思いながらも誰も雇い止めされずに来ていました。

しかし!
いよいよ雇い止めの予告通告をされた人が出てきました。

おそらくどこの期間工でも契約社員でも同じくらいだと思いますが
契約満了日の約2週間前くらいに契約書へ記入と捺印をします。

その契約更新時に「今回は契約更新しますが、次回はしません」という口頭通知を受けたそうです。

いきなりパッと切られるよりは1回分(3ヶ月)の猶予を得られたのは良い事かもしれませんが
新型コロナショックの真っ只中の今から3ヶ月後にクビを切られて放り出されるんですから
たまったもんじゃありませんよね^^;

非情な会社だと普通に契約更新時にパッと切られますから
いつ切られてもいいように心とお金の準備だけはしておいたほうが良いかもしれません。

雇い止めまでの有給の消化方法

雇い止めまでの有給の消化方法

スポンサーリンク

雇い止めが通告されたら残っている有給休暇を有効に使わなければいけません。

新しい仕事を探したり、新しい住む場所を探したり
会社を休まないとできないことが予想以上に多いです。

なので勤務終了時期に一気にまとめて取得するよりは
時間をかけてじっくりとやるべきことをやりながら有給消化をするようにしましょう。

僕が雇い止めされたなら、仕事もさることながら住む場所を探さなければいけません。
実家などが無い人は非常に大変な作業になります。

とはいえ、これも雇い止めまでの期間がたっぷりとある場合に限りますが
パッと切られた場合は有給を使っている時間もないかもしれませんね。

新型コロナショックで雇い止めが続出する大不況へ

新型コロナショックで雇い止めが続出する大不況へ

今回の僕の職場での雇い止めは直接、新型コロナの影響ではありませんが
今後、新型コロナの影響でバンバン雇い止めが起きてくる可能性が大きいです。

雇い止めまでの流れは

新型コロナの影響で大不況になる

商品が売れない

生産数が激減

非正規社員の雇い止め

という感じです。

2008年8月にリーマンショックが起き、その年の年末には派遣村が開設されるなど
雇い止めが続出した過去の事を考えてみると
おそらく今年の夏には雇い止めが続出、夏以降も失業者が世の中に溢れかえるという事態になるでしょう。

現在、非正規社員で働いている人はもう腹をくくってクビになるまで
今いる職場でぶら下がっている方が賢明です。

下手に動いても良い求人が出てませんので
もう少し時期を待っていたほうが良いです。

そして、もしも雇い止めになってしまったら
この場合はも悪あがきはせずに失業保険でももらいながら嵐が過ぎ去るのを待っていたほうが良いかもしれません。

景気はかならず回復しますから
悪い時期に選んだ職場よりも、良い時期まで待って選んだ方が
良い結果が出る確率は高いと思います。

まとめ

今回、初めて雇い止めが起きたことで、いよいよ僕も雇い止めが現実問題として考えれるようになりました。
今、雇い止めになったら直ぐに仕事を見つけることはできないでしょう。

ただでさえ生産が少ないのに新型コロナショックでより深刻な状態になることが予想されます。
僕のいるメーカーは自動車メーカーの中でも一番状態が悪いメーカーなので
他のメーカーに先駆けて雇い止めの恐怖を味わう事になるかもしれません。

僕自身が雇い止めされないようにいつも以上に一生懸命仕事をしてます(笑)

▼雇い止めになった時の失業保険のもらい方▼

期間工が雇い止めで失業保険を最も多くもらう為に知っておくべき事
期間工が雇い止めで失業保険を最も多くもらえる方法を解説します。 新型コロナショックの影響で期間工や派遣社員の雇い止...

 

スポンサーリンク

コメント

  1. タケ より:

    お疲れ様です、タケです。

    雇い止めとか派遣切り怖いですよね。
    ホンマにリーマンショックを思い出します。
    当時僕は就活中で、友達が内定取り消しになったりしていましたね。

    コロナウイルス がどこまで続くか不透明ですが、自分の雇用環境が寒くなってきたことを想像するとなにかと怖いです。

    冗談抜きで生産止まったりとかあり得ますからね。

    • 管理人 より:

      おお!タケさん、コメントありがとうございます^^

      今回の新型コロナショックでも雇い止めが確実に起こりそうですよね。
      僕は期間工の寮に住んでいるのでマジでビビっています。

      今のところは周りの期間工仲間は全く気にしていない様子で
      普段通りの会話をしていますが状況はかなりヤバい事になっていると思います。

      なんなら新型コロナが蔓延して1ヶ月くらい操業を停止して寮で待機・・
      ってことになってくれた方が僕の期間工としての寿命が延びるような気がします(笑)

      どちらにしても新型コロナのニュースや出来事はドンドンアップしていこうと思っています。
      お互い頑張りましょう♪

タイトルとURLをコピーしました