アフターコロナで生活費を究極に減らす方法 節約して一人暮らしで生き残る

アフターコロナで生活費を究極に減らす方法 節約して一人暮らしで生き残る 時事ネタ

コロナショック後の生き方で、生活費を究極に減らす方法に注目が集まっています。
何故なら、今後、収入がほぼ全ての業種で減っていくことが確実視されていて
今までにないくらいの大不況になることが確定しているからです。

今後は、収入の減少を受け入れ、それに見合った生活をする必要があります。
月収や年収が下がったのに、今まで通りの生活をしていたら
よほどの大金持ち以外は生活が成り立たなくなってしまうからです。

今回は、アフターコロナで生活費を大幅に減らす方法3つを紹介したいと思います。
この3つは金額が大きいだけに、効果は絶大なのでかならず実行して欲しいと思います。

今、この記事を書いている2020年4月の時点でコロナの感染拡大と戦っている真っ最中ですが
感染拡大が落ち着いてからではなく、早ければ早いほど得する方法もあるので
感染のリスクを注意しつつ、実行に移して行ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

生活費を究極に減らす方法 3選

生活費を究極に減らす方法 3選

生活費を究極に減らすには、まずインパクトのデカい方法から実行に移すべきです。

不必要な接待交際費(今、流行りの言葉で言うと、ナイトクラブ等)をバンバン使ったり
会社には全く関係の無い、高級スポーツカー(経費購入)を社長の趣味で購入しておきながら
パソコンモニターをこまめに消すにように頑張っても、目に見える節約にはなりません。

まずは、大きなお金が動くポイントを正確に把握して、そこを攻めるべきだと思います。

定期的に支払いをしなければいけない生活費の中で、大きなインパクトを残しているのが

①車
②スマホ通信費
③食費

この3つです。

まずはこの3つの支払い額を減らして、ググッと生活費を減らしてみましょう。

大きく節約するには車を処する

車を処するのは早い者勝ち

アフターコロナを待つ前に、真っ先に手をつけて欲しいのが『車』です。

仕事場が近くに有る場合や、バイクや自転車で通勤できるのなら『車』は不要です。
ましてや、失業してしまったのなら、もはや持っている意味はほとんどありません。

まず、必要のない車を保持しているのなら、今すぐに処分をしてしまってください。

何故ならば、同じように考える人が今後、多発するからです。
売る人が増える、その一方で買う人は激減する、
そうなると車の買取価格がどうなるかわかりますよね?

今後、車の買取価格は急激に下がっていくことが予想されます。
なので、もし車を売るのだったら早い方が勝ちということです。

車は所有しているだけで固定費(車検や税金)が掛かるので
できることなら処分してしまいましょう。

コロナショックで先行き不透明な業界で働いている人は、是非、実行してください。

スポンサーリンク

月々の支払いが多いスマホの通信費を大幅に下げる

失業したらスマホの通信費を大幅に下げる

次にインパクトの大きな節約方法はスマホの通信費です。
すでに、格安SIMを使用している人はできませんが、
ドコモ、AU、ソフトバンクなど大手キャリアの通信費を払っている人は
タイミングを見計らって格安SIMに切り替えてください。

大手キャリアの通信費で毎月いくら払っていますか?

5000円から10000円の間が一番多いのではないでしょうか?

格安SIMにした場合は、音声通話+5Gで約2000円です。
圧倒的に格安SIMの方が固定費を安くすることができます。

仕事を失って、職探しをしなければいけない人は音声通話は必須ですが
仕事を続ける人は音声通話なしのプランにすればもっと安くすることができます。

大手キャリアから格安SIMに変更する場合、メールアドレスを変えなければいけないのがネックになっていると思いますが
メールアドレスを変更することに関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

転職用にGメールを新規取得する方法 転職にメールアドレスは必須です
転職するのにGメールやヤフーメールを持っていますか? まさか、携帯の『○○○○@docomo.ne.jp』のキャリアメ...

一人暮らしの生活費を下げるには日々の努力で食費を下げていく

日々の努力で食費を下げていく

3つ目の節約方法は『食費』です。

特に、僕のように一人暮らしをしているような人は
毎月、食費がどれくらいかかっているのか計算してみてください。

実際に〇万円という数字になると、恐ろしくなると思います。
僕の場合はリアルに5万円は食費に消えていっています。

もちろん、仕事をしているのでどうしても外食になってしまったり
仕事から帰って自炊するのは無理だったりと、事情があるでしょう。

でも、もし仕事が急激に暇になったり、職を失ったりしたら
このままの金額で食費を放置しておくことはできません。

・外食⇒自炊
・コンビニ⇒スーパー

できるだけこっちの方向へシフトしてかなければいけません。

はじめの一歩として、自炊はご飯を炊くことから始めてみませんか?
ご飯を炊くことを「お米を洗うのがめんどくさい!」と考えている人が多いです。

過去の僕もそうでした。

しかし、現在では『無洗米』という便利なお米がスーパーで販売されています。
無洗米は、読んで字のごとく、洗わなくて良いお米です。

炊飯器に無洗米を入れて、お水を入れて、ボタンをポチっと押すだけで
60分後には炊きたてのご飯が食べれるんです。

これに、スーパーで購入した惣菜で食事にすれば1食2百円、3百円のレベルで済みます。
今後、こうした食費の削減を迫られることになるでしょうから、一人暮らしの人は是非チャレンジしてみてください。

まとめ

生活費を究極に減らす方法として

①車
②スマホ通信費
③食費

これら3つの節約方法について具体的に紹介してきました。

コロナショック後に、あなたの仕事がどのようになるか?収入の変化はどうなるか?
を考えて、先手先手で手を打っていきましょう。

特に、僕のように不安定な職種で働いている人は
より多くの現金を手元に残しておくように、支出を究極に減らしておくべきです。

何年かの混乱を乗り切れば、また平穏な時代がやってきます。
それまで頑張って乗り切るようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました