40代の転職活動はなぜ苦労するのか?リアルな実体験

転職の話

40代で転職を7回も繰り返した僕が転職したときの苦労話をしたいと思います。
「仕事ぐらい直ぐに見つかるだろう・・」
前職を辞めたときは簡単に考えていました。

しかし、現実は
産廃会社⇒派遣(工場)⇒スクラップドライバー⇒自動車部品工場⇒トラックドライバー⇒建材会社⇒期間工
このように40代の内に7回も転職を繰り返していました。

もしあなたが40代で転職を考えているのだとしたら
ここ最近の転職事情を知らないと現実にかなり驚いてしまうと思います。
想像以上に厳しい状況だと思っておいたほうが良いです。

スポンサーリンク

PICK UP

▼40代で入社した仕事まとめ▼

40代転職ブログ運営者の職歴 転職した7つの仕事とおすすめの職種

40代の転職が苦労する理由

40代の転職が苦労する理由

40代で転職すると何故、苦労するのでしょうか?

僕が実際に40代で7回も転職をした体験から語ってみたいと思います。

一昔前より賃金が安い

以前の転職事情しか知らないと最近の賃金の相場がメチャメチャ低くなっていることに驚くと思います。
一昔前なら40代なら年齢に応じた給料額というのが加味されていたのですが
最近は20代でも40代でもやることが一緒なら賃金もほぼ同じです。

ある程度大きな会社の場合はまだ年齢に応じた賃金体系が働いていますが
中小企業では年齢の加味がほとんど行われません。
なので、どの求人を見ても手取り20万円前後ばかりとなってしまっています。
このように、あまりに少ない賃金に驚きます。

40代では応募すらさせてもらえない求人が多い

これは昔からあったことですが
求人に応募するための年齢制限が書かれています。

昔は35歳までが限度でしたが、現在は45歳までが限度の仕事が増えつつあります。
この点については、40代にとって昔よりも応募しやすくなっていると言えます。

書類選考で落とされる

ハローワークや求人誌で良い求人が見つかったとしても
応募の第一段階が書類選考となっている場合が多いです。

手間暇掛けて履歴書と職務経歴書を書いて応募したとしても
簡単に書類選考で落とされてしまいます。

「この時間と手間を返してくれ!」

と思わず叫びたくなるに違いありません。

上司が年下

晴れて就職が決まって働き始めたとすると
40代の転職者に教育係として当てられるのが能力の低い年下社員の場合がほとんどです。

新卒などのエリート社員は会社の上層部が直接教育するんですが
40代のどうでも良い新入社員は手の空いた使えない社員が担当になります(笑)

しかも年下の場合がほとんどなので何かとお互いに気を遣います。

自分の体力が低下している

転職して新しい事を初めてみると改めて自分が年をとって体力が落ちたことに気づきます。
力が落ちて重いものを運べなくなったり
屈んでものを持ち上げると腰が痛くなったり
1日仕事をするとぐったり疲れて、家に帰っても何もやる気が出ない状態になります。

40代の体力低下を嫌でも気づかされてしまうんです。

スポンサーリンク

頭の機能が低下している

先ほど上げたのは身体的な機能ですが、
頭の機能も落ちていることに気付かされます。

新しいことが覚えられない、計算がパッと出来ない
言葉で説明したり、皆の前で発表したりすることが出来ない、など
頭脳の機能低下を間の当たりにします。

このように40代で転職をすると現実の厳しさと
自分のふがい無さに落ち込んでしまいます。
40代の転職はかなり苦労することになります。

40代で転職でやりがいは見つかるか?

40代で転職でやりがいは見つかるか?

40代の転職先ではやりがいが見つかりにくいです。
この年齢で就ける仕事というのはかなりレベルが低い仕事ばかりです。

正直、誰でもできるだろ?レベルの仕事の場合は
どうしてもその仕事からはやりがいを感じることができません。

結局、お金のために、仕事だから、と割り切って仕事することになります。

なので仕事以外に何か楽しめることや、趣味、スポーツなど
あなた自身が打ち込めるものを持っておいたほうが良いです。

40代は転職後に失敗と気付く

40代は転職後に失敗と気付く

もし40代が、転職後に失敗だった・・と気付いたらどうすればよいでしょうか?

・40代でせっかく仕事が決まったんだから我慢して働く
・スパッと辞めて次を探す

この二択となるります。

僕の場合は後者を選んで40代で7回も転職を繰り返しました。

今思い返してみてこの選択は正しかったのか?と考えてみると
僕は「正しかった」と胸を張って言えます。

入社して直ぐに辞めた会社は
今考えてもおかしいヤバい会社だと思えるので辞めて正解でした。

その次の仕事を探すのに苦労したし、時間も使ってしまいましたが
より自分似合う仕事を探すことは時間をかけても良いと思いました。

一旦入社してどんな会社か確かめると、考えれば
転職活動も気が楽になるでしょう。

マジで入るまでどんな会社かわかんないですから
一旦入って確かめるっていうのは絶対に必要だと思います。

まとめ

40代で転職をする状況になってしまった人に向けて記事を書きました。
苦労するなどとちょっとネガティブな話になってしまいましたが
初めから状況を理解していればよりスムーズに転職活動が出来ると思います。

特に10年以上転職をしてなかった人の場合
現状を理解するのに時間が掛かると思いますので
入念に下調べをしてから転職活動をした方が良いです。

お金を稼ぐ事が目的になってしまうと良い就職先が見つかりにくいです。
生活費が稼げてある程度余裕のある仕事を探すことが
40代の転職には必要なことかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました