職務経歴書の40代からの書き方 実際に僕が作成した職務経歴書を公開して解説します

転職ツール

職務経歴書の40代からの書き方に悩みますよね!?
そもそも40代は職務経歴書を書いたことが無い人が多いと思います。

何故ならば、昔は職務経歴書が無く、履歴書だけの提出だったからです。
いろんな理由から40代で転職することになった人は「職務経歴書ってどうやって書けばいいの?」と悩むと思います。

中には僕のように転職回数が多く、5社以上ある人はすべて書くの?と思ってしまうし
パソコンが無いので職務経歴書を手書きで作成するのはNG?と疑問に思う人もいますよね!?

40代で転職回数7回の経験豊富な僕が、40代の職務経歴書の書き方についてまとめてみたいと思います。

あっ、ちなみに
大手企業やハイレベルなホワイトカラーの職業向けではなく
年収400万円を狙うくらいの中小企業への転職を考えている人向けの内容になります。

スポンサーリンク

職務経歴書の40代からの書き方 中小企業へ提出する場合

職務経歴書の40代からの書き方 中小企業へ提出する場合

職務経歴書を提出するようになったのは、いつくらいからだったでしょうか?
40代の方にとってひょっとしたら馴染みのない書類かもしれません。

10年前にはあったけど、20年前には無かったと記憶しています。
どちらにしても、現在、正社員への転職の場合は職務経歴書は必須になります。

とは言え、大手企業への転職だったり、レベルアップのための転職でない限り
そんなに頑張って作成しなくても大丈夫です。

ほとんど、履歴書の延長線上の書類だと思ってもらえればOK!

基本的な流れとして、職務経歴書のテンプレートにあなたの働いてきた会社の社名と仕事内容を入れ込むだけになります。
テンプレートさえ持っていれば、書く内容を沢山考えなくてはいけないという事はありません。

書く内容としては、
社名、入社日、退社日、仕事内容、これくらいの内容で埋めていけば完成します。

↓僕の職務経歴書です

40代の職務経歴書みほん

40代男性の職務経歴書実例

↑クリックで拡大します

これが、実際に僕が提出した職務経歴書になります。
若干、内容をボカしてありますが、ほぼこんな感じで提出しています。
イメージが沸いたでしょうか?

職務経歴書には転職回数5社以上なら省け

職務経歴書には転職回数5社以上なら省け

職務経歴書や履歴書には、転職回数が5社以上あったり多い場合は省きます。

僕は今までトータルで17回の転職回数を誇ります(笑)
当然、すべての経歴を職務経歴書や履歴書に記入していません。

そこら辺の詳しい省き方はこちらに詳しく書いてあります。

雇用保険被保険者証を切り取り提出するのは怪しい?雇用保険で前職がバレるか!?その解決法はコレ
雇用保険被保険者証を切り取り提出するのは怪しいのか?雇用保険の関係で前職がバレるのか? 前職がバレ無いために、雇用保険...

 

見栄えが良い職務経歴書は4社までではないでしょうか?
僕なら5社以上ある場合は4社にまとめて書きますね。

スポンサーリンク

職務経歴書は手書きNGなのか!?

職務経歴書を印刷するプリンターは1万円レベルの安いものでOK

職務経歴書は基本的には手書きNGです。
履歴書が手描きを推奨するのに、職務経歴書が手描きNGなのはおかしいと思いますよね?

まあ、僕はどちらもパソコンで作成してプリントアウトして提出していますが
職務経歴書はパソコンで作成して印刷して提出するのが常識になっています。

パソコンを持っていないのでしたら、この機会にパソコンとプリンターを購入して
職務経歴書と履歴書をパソコンで作成してみましょう!

上の画像は実際に僕が使用しているプリンターで、1万円以内で売っている安いプリンターでした。

パソコンとプリンターなど転職に必要なツールをこちらで記事にしてあるので参考にしてみてください。

転職に必要な物とこと 40代の転職に必須なツール5選 アフターコロナでこう変わる!
40代の転職で必要な物(ツール)や、こと(WEB面接)についてまとめてみます。 40代で転職を考えている人、現在既...

 

職務経歴書はwordのテンプレートをダウンロードして作成する

職務経歴書はwordのテンプレートをダウンロードして作成する

職務経歴書はwordで作成します。
wordのテンプレートはこちらのサイトで配布しているので好みの種類をダウンロードして使用してみてください。

履歴書・職務経歴書テンプレート(Excel・Word)無料ダウンロード
転職活動に必要な履歴書や職務経歴書をパソコンで編集して作成したい方向けに、ダウンロードして使える履歴書と職務経歴書のテンプレートをご用意しました。履歴書はExcel形式、職務経歴書はWord形式です。また、リクナビNEXTの「かんたん作成」機能を使えば、Webで入力した内容で履歴書と職務経歴書が簡単に自動作成できます。

 

ちなみに、僕が使用しているテンプレートは、上のサイトで配布されている『編年体式テンプレート02』と『キャリア式テンプレート01』を合体して(良いとこ取り)、
中途半端でページが切り替わらないように、文字の大きさを変えたり、改行を入れたりして調整。

最後に直筆の名前をサインペンで記入して、ハンコをポチっと押して、それっぽく仕上げています。
直筆サインとハンコでグレードが上がった職務経歴書になるのでオススメです。

印刷する紙にこだわる

職務経歴書に使用するコピー用紙

職務経歴書は普通のコピー用紙ではなく、ちょっと厚めの紙を使用します。
家電量販店やホームセンターに行けば、いろいろなプリンター用紙の中に厚めの紙で適したものがあると思います。

上は実際に僕が使用していた職務経歴書を印刷した用紙になります。
仕上がりが『マット』、紙の厚みが『0.1mmから0.2mm』を選びましょう。

厳密に何ミリと決まっているわけではないので、普通のコピー用紙よりも厚めで、上質な紙のプリンター用紙を使いましょう。

職務経歴書に使用した印刷用紙

触ってみると明らかに普通のコピー用紙よりも厚くて、綺麗な紙です。

アマゾンでも売っています。

まとめ

転職経験の少ない人がいきなり職務経歴書を書けと言われると怯んでしまうかもしれませんが
履歴書の延長線上でもう少し詳しく書く程度と考えれば、そんなに不安にならないですよね。

テンプレートがあれば、ほとんど埋め込んでいけば作成できるので非常に楽です。
しっかりとしたテンプレートさえあれば、見栄えが良い職務経歴書の出来上がりです。

パソコンとプリンターでサクサク作成しちゃってください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました